スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビクトリア・シークレット  

初。
人生20何年生きてきて、初めてあるお店にいきました。
その名も、

victoria_secret_01.jpg


「ビクトリア・シークレット」 (Victoria's Secret)

男性諸君にはあまり聞き覚えのない名前ですが、業界では超有名。
可愛くエッチな女性用下着ブランドです。 (詳しくは→こちら

行ったことあるって人はどういういきさつだったかを40字ぴったしにまとめてコメントに書き込みなさい。 自分から名乗り出れば先生今なら怒りません。 はい、みんな目を閉じてー。

そんなセクシー&エレガントなこのお店。
店頭からヒモパンティーやらなにやら薄い布1枚に身を包んだマネキンのお姉さん達が、
流し目と腰も砕けんばかりの挑発ポーズで私を手招いています。
いいのか? 入ってもいいのか?? 漢として。

店の前でうろうろ行ったり来たりの怪しい男がそこには居ました。

そして、

勇気を出して、

トンネルを抜けると、そこは・・・・、

雪国でした。

victoria_secret_02.jpg


ピンクの雪なんて初めてです。


ラーラーラララララーラー。
ホタル・・・・、元気にやっていますか・・・・。

ヒモ、レース、絹、Tバック。
至れり尽くせりのご奉仕内容でまさに出血大サービスです。 (鼻血の)
あまりの光景にどこを見ていいかわかりません。
思考回路はショート寸前。

ほとほと困りました。 (照)
360度全方位からセクシービームの放射を受けました。
よく立っていられたもんだ、と今は自分で自分を褒めてあげたいです。

すげー、落ち着かなかった。 (x_x)

man_bra.jpg

こんなのあったらおれのキャパシティ、オーバーフローですよ。
いや、さすがにこんなブラはありませんでしたけど。
うん、いや、なかったと思う。。

でもね、カップルで来るならば盛り上がっていいかもしれません。
おい、今度こんな格好してみろよ、なんて。

ビクトリア・シークレットで見つけた小さな愛のカ・タ・チ。

あきさんはなんでそんなとこ行ったの? なんて質問のある人はこのまま教室に残ってなさい。
ご両親をお呼びしてとことん話し合いましょう。
スポンサーサイト

100万円当たったら② 

と思ったけど(下の記事参照)、やはりこれには代えられないというものを思い出しました。 それは・・・・・、

cirque_mystere.jpg
「ミスティール」より


Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)


フランス語で「太陽のサーカス」を意味する彼らの演技は果てしなく幅広く、伝統的でいて最高にクリエイティブです。 見てない人は一見の価値あり。 人生の豊かさとはこういうものをどれだけ見れるかかもしれません。

宝くじで100万円当たったら、シルク・ドゥ・ソレイユははずせない。
ミスチルのコンサートもNBAファイナルも最高だったけど、シルクも迷わずそれ級。 いや、その上か。 100万円のうちの2万円払ってこれだけのものを観れるなら、他に選択肢はないですとも。

初めて観たのはラスベガス。
当時は何も知らず看板見て入場し、軽く度肝を抜かれました。
価値観が揺さぶられた、と言いますか。
凄過ぎる。 1発でファンになりましたよ。

サンアントニオに戻っても、その衝撃が忘れられず、どこか近くでやってないものか、他にはどんな演目があるのか、コツコツ調べる日々。 そしたらね、あの「キダム」もシルク・ドゥ・ソレイユだったというじゃないですか。 たまたまとはいえ、すごいもの観れて幸運だったと思いました。 ある意味、人生のスロット当たった気分です、ベガスだけに。

そんなこんなのある日、車の運転中にふと目にした看板に、

delirium_cirque.jpg

よーく見ると、「Delirium」の下にCirque du Soleilの文字が。
皆さーん、シルクですよー。 すっごい分かりづらいけど、こんなところで見つけちゃいましたよー。

もう行くしかない!

そう思い、何とかチケット入手。
どうやらこの「デリリウム」っていう演目はシルクの新しい試みで、いつもはサーカスメインだけどこれは音楽を前面に押し出した作品ということです。 前回はそのサーカスでファンになったので、どうなんだろう、サンアントニオに来るぐらいだし・・・・、と思っていたら、

delirium_02.jpg

delirium_01.jpg

delirium_03.jpg


心臓わしづかみ。


ギュって。
途中息出来ないかと思いました。

才能。 価値観。 生死。 情熱。 狂気。
誇張なく、今まで20数年生きてきた中で、これだけのものに出会ったことはありません。 何と言いますか、「世界」を見せてくれるんですよ。 そして圧倒されました。 絶対真似できない本物がここにあったと。

delirium_04.jpg

私の今まで出会った人々全てに1度はみてほしいです。
心からそう思います。

まー、先にチケット買っちゃうけどね。 (≧▽≦)

宝くじで100万円当たったら、ぜひ。
(だから宝くじ買わねば)

[2006/05/30 04:24] ブログ | TB(0) | CM(3)

100万円当たったら 

宝くじ。
100万円当たったら何を買いますか?

私はもちろん。

takarakuji_02.jpg

また宝くじ。


[2006/05/27 00:28] ブログ | TB(1) | CM(0)

I don't want to miss a thing 

朝起きて、まずはいつものようにニュースをチェックしたところ、

 >今日25日、隕石が地球に衝突するかもしれない

という情報が目にとまりました。 
(私の情報元は「探偵ファイル」さん)

どなたかご存知でしたか? 私はまったく知りませんでした。
月の10倍って地球より大きいような。
NHKでこんな映像も放送されたようです。 (小太郎ブログさん) 

armageddon.jpg

もうね、聞いてないヨーっていうか、え?って感じ。 
夢じゃないのか? 思わずつぶやいちゃいましたもん。
いきなり今日なのかって。

せっかく中日が連敗ストップしたのにって。 (それは違う)

でもかわらない日常の中、そんなニュースを聞いても考えるのは不思議と日常のことでした。 親にメールしようとも思いましたが、やめました。 ふと、こうやって終わりは急に来るのかもしれないな、と考えたぐらいです。

もし、あと1日でこの世界が終わるならば、
何をしたいか。
誰に会いたいか。

aerosmith.jpg

私ならいちジッピーとして、ZIP-FMにエアロスミスの「I don’t want to miss a thing」をリクエストすることは決定です。 (視聴はこちらからできます)

あとは煙草でも吸ってみるかな。


[2006/05/26 13:24] ブログ | TB(0) | CM(0)

唯一の冴えたやり方  

テスト勉強が追いつきませんー。
やばいです。 ブログの更新なぞしてる場合ではないんですが・・・・。

あと何時間かしたらセル・バイオロジーのテストです。
細胞生物学ってやつです。

でもおれの脳細胞、ちゃんとこの教科書の通りに機能してるのでしょうか?
してるならなんで覚えられないんだろ。
やっぱりカルシウムが足りないんですかね。

もうこうなったら、

best_way.jpg


これしかないな。


って、男の子だよ、おれ。
サンアントニオの飢えた狼(♂)って私のことですよ。
駄目だ、この技は封じられた。

どなたかこれを上回る奥義をお持ちの方、いらっしゃったらこっそり御指導ご鞭撻のほどお願いします。

手筒花火 

ものを書くとき、何かを書こうと思って書くことはあまり多くないです。 私の場合。
徒然なるままに。 まさにそんな心境で、すずりではなく、キーボードに向かいます。

そんな風に書いてきた私の徒然草、「こころの豊橋bbBoys」。
振り返るとあれですね、


豊橋のこと書いてませんね。 (おい)


1度だけ。 住みよさランキングのとき触れただけです。
まったくそれで「豊橋bbBoys」を名乗るとはおこがましいにもほどがあるってもんです。
おこがましいにもほどがあるぞ、私。

なので、今日は故郷・豊橋をクローズアップしてみます。

豊橋はね、けっこう文化的な街なんですよ。
住んでるうちはそれが常識だったんで気づかなかったんですけど、遠く離れてみると、
いかにオリジナリティーに溢れていたかがよくわかります。

そのうちの1つが、これ。

tedutu_hanabi.jpg


手筒花火!! (てづつはなび、と読む)


轟音を響かせほとばしる火柱とオレンジ色の降りそそぐ火の粉。
そして、その中で仁王立ちで放揚する勇姿!!
人と花火が一体となったような、豪快で華麗な伝統の花火です。

持ってる人は熱くないのか? とかそういうことは置いておいて。

知らない人はぜひ1度ご覧あれ。
1万円札で有名な福沢諭吉もオススメしてました。
幻想的で迫力ある夏の一夜を約束します。 ☆(*^ー゚)b

この手筒花火、日本の花火のルーツの1つらしいのですが、
発祥は豊橋、吉田神社。

tedutu_hanabi_kinen.jpg
手筒花火発祥之地記念碑

これがその証拠。

最後のドーン!っていう音がなんとも言いがたい味を出してて、私は好きでした。
懐かしいな。 来年の夏には見れるかな。

ちなみに、これ。 (←クリック)
世界の手筒花火?の映像です。 爆笑!
いやはや、世界って果てしなく広いや。

カントリーロード この道 ずっと行けば
あの町に続いてる 気がする カントリーロード。

謎が謎を呼ぶ 

遠く離れた異国の地で生活している息子をおもんばかって、
母が素敵なプレゼントを送ってくれました。

綺麗な小物と本を数冊。

私が本を好きなの知ってるからわざわざ選んでくれたのでしょうね。 その優しい心遣い、いつも身に染みております。 ありがとう。 迷惑ばかりかけてごめんよ。

ところでその本の中に、

ketsueki_gyorai.jpg
血液魚雷

町井登志夫さん著の「血液魚雷」という本がありました。
この本が曲者でね。
まだ読んでいないのにどの本よりも気になって仕方がないんですよ。

というのも帯にですね、

ketsueki_gyorai_obi.jpg

第3回「このミステリーがすごい!」大賞


落選作品


って書いてあるんですよ。

本当にすごいや。
入選ですらないんですよ、この作品。
そんなのあえてわざわざ書かなくても・・・・。

なぜ書いたのか、なぜ落ちたのか。
逆に気になります。
ああ、早く読んでみたい。

ってか、なぜわざわざ落選作品を母は選んでくれたのか。

それが1番のミステリー。

[2006/05/21 23:33] ブログ | TB(0) | CM(2)

情一文字 

私の住むサンアントニオでは1st Friday(フィースト・フライデー)というなんだかパパラッチな名前のお祭りが毎月最初の金曜日に催されます。

これが意外に楽しくてね。

その日だけは路上は歩行者天国となり、夜店がすらーっと立ち並び、お酒もOK。
仲間内で騒ぐもよし、2人でデートするもよし、お酒を飲み比べるもよし。
大人も子供もこの日だけはワイワイはめをはずすのです。 (*^ー゚)b

そこで私、どーにも気になるものを見つけてついつい購入してしまいました。

before.jpg
$5です。

なぜか「情」と一文字はいった皮製のポーチ。
愛情、友情、情け、そのほか様々な情がたった1つの言葉にこめられています。
まさに情一文字。

それがインカ(あのインカ文明ね)Tシャツの横にぽつんと1つおいてある。
その心意気に打たれたのです。

そうしてフィースト・フライデーを存分に楽しみ、意気揚々と帰ってきた私ですが、家についてみてびっくり。

情が、情が・・・・、

after.jpg
こころを失くしちまった


「青」になってる!


そして私もブルー。 ><

[2006/05/19 10:25] ブログ | TB(0) | CM(6)

狙え、ピンポイントで 

ダーツにはまりそうです。

darts_bar.jpg

射線の向こう。 小さく見える狙い先がぼうっと浮かぶ。
指先から約2.40m。 感覚を研ぎ澄ませ、イメージと実際のラインが重なり、
放つ。

これがもうたまりません。
クレバー&クール。 計算と集中力がものをいうゲームなのに、アツくなる。
相手との戦いであり、自分との戦いでもある。
ビリヤードが好きな人はきっと気に入ると思います。 (私が証拠)

今は友人宅でちょこちょこ放ってるんですけど、
どこかこじゃれたダーツバーとか、行きつけのお店を発見したいものです。
我が街・豊橋ではどこがいいのでしょうね。 情報求む! (ダーツバー in 名古屋は → こちら

もっと腕に磨きをかけてからの話ですけどね。

特にこれで練習したいです。

sexydarts.jpg

いいでしょ、これ。w

お姉さんのおっぱいがそのままダーツボードになっています。
しかもですよ、ボードのど真ん中、ブルと呼ばれる高得点部分、
ようするに乳首に矢が当たると、

ああ~ん♥

切ない声が出るらしいんですよ。


天才です、これ発明した人。


極限まで集中すること間違いないです。
これで練習したらみるみる上達すると思います。
てか、しなかったら男がすたるぜー。 この甲斐性なし。

ああ、もうはやくどこかのバーで経験つんで、このお姉さんに挑みたい。 (逆)

メーデー メーデー 

吹き抜ける風の中にかすかながら爽やかな若草の香りを感じ、ふと大きく息を吸い込んでみたくなる、そんな季節ですね。
日本では青い空にゆったりと鯉が泳いでいるのでしょうか?

こちらサンアントニオではまるで旅人の服を脱がそうとするかのように太陽がギアをあげて照りつけ始め、待ちきれない夏にGo!サインを出し始めました。

そんなMay Day。 5月のある日。

私はまた1つ歳をとりました。

Happy Birthday to me♪
Happy Birthday to me♪
Happy Birthday dear わーたしー♪

というわけで、


ニクい、四捨五入 ( ゚д゚)、ペッ


本日を持ちまして管理人・あきは切り捨て推奨委員会に加わります。 
[2006/05/17 06:37] ブログ | TB(0) | CM(2)

My 暖炉♪ 

今日から急にまた寒くなりましたね。
アラスカ寒気団でも降りてきてるのでしょうか。 うう、寒い。 北風が肌にしみる。。
ただの低気圧なら間に合ってます。 どうぞ、お引取りを。

切実に。 猫とコタツでまるくなっていたいです。
猫もコタツのないのが問題ですが。

でも、ここはアメリカ。 (忘れがちだけど。w)
アメリカの冬といえばコタツじゃなくて暖炉でしょう。
暖炉を囲んで家族の団欒。 ディナーは七面鳥なイメージ。

danro.jpg
友達とおしゃべりも◎

なんだか笑い声が聞こえてきそうです。
きっと身体もココロも芯から暖まること間違いなし。

うん、これだ。 暖炉しかないな。 ☆(*^ー゚)b

よし、我が家も暖炉で暖まろう。

my_danro.jpg
キッチン専用です

ああ、なんて暖かい。 じんわり熱が伝わってきます。
そうか、求めていたのはこれだったのか・・・・。


よく見るとオーブンですがね。


よく見ちゃだめ。 
暖かいなー。 指先なんか特に。 それだけでいいじゃないですか。

しかも実は電気ストーブより、コタツより、そして暖炉より、経済的!なんです。
ふところもほくほく暖かい。

あれ!? でも、なんで?

おかしいな・・・・。

心の凍傷になりそうだよ、パトラッシュ・・・・。 ><


愛媛と愛知は似てるけど違います 

こないだ眞鍋さんが「ココだけの話」にて、

>冬といえば、みかーん。
>愛媛県民はみかんで、

manabe_san.jpg
四星球!!

なんていって遊んでたのが羨ましかったと言いますか・・・・・。

出来心、と言いますか・・・・・。

愛知県ではかぼちゃをこうやって、

dragon_ball.jpg


ナメック星のドラゴンボール!


なんていって遊んだり、するかもしないかも☆

もし明日の朝、ルームメイトが冷蔵庫の中からちょっと大きな一星球見つけて、
ポルンガを呼び出す呪文を唱えても、私は起きません。

その中で選択し積み上げていくこと 

tumiki_robot.jpg

“この流転する世界の中で、空転するこそ人生”
という、上遠野浩平さんの記述に共感していた時期もありましたが、
果たして本当にそうなのでしょうか?

この頃、「人生」についてよく考える、あきです。
こんばんは。

自分でよーく考えて、その上で出した結論なら、それが答えだと、
それでも間違えたのなら、逃げずに認めればいい、必ず次につなげていけばいい。
そうしてコツコツ積み上げていくということが、私には必要です。

長い道のりです。

とりあえず、前回の記事(2月28日)で引用したB’zの歌詞、
の中迷い込んでー っていうところ、


の中の間違いでした。


認めて次につなげていきたいです。

自己啓発。 自己啓発。

[2006/05/02 07:56] ブログ | TB(0) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。